ウェブ漫画を広告に活用し貴社のプロモーションやウェブサイト運用をサポート致します。漫画を使ったランディングページやホームページ制作ならJsan-Styleへ!

【もしもシリーズ】ローリングストーンズのメンバーが「あなた」だったら??

私は楽しい事が大好きです。ちょっとふざけた事も大好きです。

 

最近のJさんブログは仕事以外の話ばかりで、

 

先日、ある知人から「矢吹さん仕事は大丈夫なの」と、

 

心配されちゃいました(笑)

 

「はい全く問題ございません」

 

「今も忙しく仕事をさせて頂いております」

 

今はですね、漫画を活用したWEBサイトの製作・WEB漫画の製作・、

 

それとこの時期らしい「補助金をとりたい」と、漫画の活用を題材にした

 

事業計画書作成のお手伝いの案件が2件ありバタバタです。

 

 

伝説のバンド、ローリングストーンズのメンバーは全員Jさん!

 

私は「ローリングストーンズ」の大ファンです。
皆さまご存知の“あの”ローリングストーンズです。
2017年で結成55年を迎える、

 

まさに生きる伝説と言えるモンスターバンドですね。

 

1962年のデビュー曲(I Can’t Get No)Satisfactionから、

 

55年立った現在も世界の音楽シーンのトップに君臨するローリングストーンズ。
55年前から変わらないRock。

 

キースのリズムの上でミックが舞うパフォーマンス。
それが1962年から今に続くのですから、まさに生きる伝説です。

 

 

(I Can’t Get No) Satisfaction

 

 

2014年にストーンズは8年ぶりとなる、JAPANツアーで来日しました。
この時のJAPANツアーはまさかの東京公演3日間のみ・・・

 

私は死に物狂いでチケットをGETしました。
あらゆるメディアのチケットは即日完売・・・
友人がセブンイレブンの先行販売でなんとか抽選に当りました。

 

そこはステージから1番遠い3階の後ろの席・・・
それで1席¥18000だからストーンズ様にあっぱれです。

 

で、3月6日の最終公演に遥々大阪から東京へ向かいました。

 

 

 

トビキリノスペシャルゲストはまさかの・・・

 

 

もう有名な話ですが3月6日の公演では、ミックジャガーの紹介で
「トビキリノスペシャルゲスト ホテイ!」と、日本を代表するロックスター
布袋寅康さんがゲストで登場!会場は沸きに沸きましたね~

 

 

その時にコラボした曲がこちら「Respectable」

 

 

ストーンズの“真骨頂”ツインズギターでバリバリのロックビートを奏でるナンバーです。
PVではミックもギターを弾いていますが怪しいですね(笑)
しかし、キースがこの曲は3ビートを・・・

 

と、語っているので間違いないでしょう。

 

私の学生時代は布袋さんのギターしか聴かないほど実は布袋フリークでした。
周りの友達にはなかなか理解を得れなかったですね・・・
当時はまだ布袋さんのギターの音・リズム・センスに

 

気づける人間がいなかったと思います。

 

なので、日本のロックスターと世界のロックスターが競演するなんて、
私からすると興奮よりかは、感動でしかなかったと、

 

当時の記憶が心に焼きついております。

 

 

 

2016年12月待望NEWアルバム発売!

 

 

2016年の12月2日に11年ぶりとなる待望のアルバム「Blue & Lonesome」を発売!

 

11年ぶりのアルバム製作のレコーディングがなんと3日間だと!?
そんな事ですらロックですよね~

 

全曲1950年~1960年代のBlues Rockのカバーナンバー。
つまり、ストーンズのメンバーが青春を過ごした時代のBlues Rockです。
ITと機会がひしめく現代で、揺ぎ無い堂々たるロックを“シャウト”する
恩年74歳となるロックスターのアルバムです。

 

SHEENA & THE ROKKETの鮎川誠さんも言っていました。

 

 

「ストーンズが今でもロックするから、俺らいつまでもガキでおれるけんね」
カッコイイ!!鮎川誠さんも今おいくつですか??

 

その鮎川さんが「ガキでおれるから」って、ほんとこの言葉の深みを感じとれます。

 

このように私はストーンズを語ると止まりません(笑)

 

1962年から話すと終わりはいつになるやら・・・苦笑

 

遊び心でやってみたJSAN×STONEコラボ企画

 

コラボ企画と言うほどでもありませんが、

 

「ストーンズのメンバーが全員Jさんだったら」と、

 

ちょっとした“もしもシリーズ”のパロディを作ってみました。

 

表情・仕草も全てJさんです。

 

ミックもキースもロニーもチャリーも全てJさんです。

 

笑ってやってください。

 

遊び心を交えてこんな企画をどんどんやっていきたいJさんでした。

 

ダウンロード

 

 

Ysan-color

 

 

Jsan+RS_kansei

>> 記事一覧に戻る