ウェブ漫画を広告に活用し貴社のプロモーションやウェブサイト運用をサポート致します。漫画を使ったランディングページやホームページ制作ならJsan-Styleへ!

【動画で説明】ユーザーの「感情」に訴える漫画の使い方

漫画を活用する理由は「成約率」を上げる為の一つの手段です。

なので、活字では伝わりにくいサービスやその効果を、

かわりやすく漫画で表現すると、ユーザーはストレスなく情報を受け取る事ができます。

 

しかし、ものすごい情報量の世の中ですね。

どこも、自社のサイトが選ばれる為の工夫が凄まじいです。

タイトルもコンテンツもデザインも、組に組み込まれた戦略通りなのでしょうね。

特にランディングページのクオリティは見事の言葉に尽きます。

今の時代のWEB業者は、どこも優れた技術を持っているのでしょう。

 

 

理論的なランディングページのサイト構成

 

従来のランディングページの基本的な考え方は「理論的」ですね。

つまり、起承転結があって最後に落とし込むように仕掛ける構成です。

 

例えば・・・

 

タイトル:炭水化物をたくさん食べても絶対に痩せる!たった“3つの習慣”

問いかけ:○○な方にお勧めです。

内容:痩せたい!でもお米は絶対に食べたい!って方、いらっしゃいますよね??

クロージング:今から48時間以内なら○○サプリをなんと¥500でお届けします!
みたいな(笑)このようなランディングページを一度は見た事ありませんか。

いっさい否定はしていないですよ。何が言いたいかと言うと構成が理論的なのです。

 

 

漫画は感情に訴えかける効果がある

 

とは対照的に、漫画は感情的に訴えかける効果があります。

どういう事かと言いますと、主役は「自分」でないく「漫画の主人公」にある為、

共感の感情が生まれるのです。説明しましょう。

ユーザーは物語を読み進める内に、いつの間にか主人公に憑依します。

長編短編に限らず、主人公は紆余曲折しながらも、必ず(100%ではありませんが・・)ハッピーエンドに辿り着きます。

そして、漫画を読んだ「自分」は物語の主人公に共感します。

奮起する人もいれば涙する人もいるでしょう。

つまり、漫画の最大の効果は、人の心に焼き付ける事が出来るのです。

世の中は星の数ほど情報が溢れています。

その中で私たちは選ばれなければなりません。

ユーザーは興味がなければ、一瞬でそっぽを向きます。

皆さんもそんな経験ありますよね??

 

 

 

今回は“泣ける”漫画の動画を紹介します。

 

 

先日、SNSでシェアされまくっていたある漫画の動画がありました。

私も思わず見入ってしまって、最後にはウルッと・・・

この動画はとても参考になる漫画の使い方です。

 

 

>> 記事一覧に戻る