ウェブ漫画を広告に活用し貴社のプロモーションやウェブサイト運用をサポート致します。漫画を使ったランディングページやホームページ制作ならJsan-Styleへ!

【星の数ほどの情報量の中】で、あなたはどう選ばれますか?

最近、口癖のように思わず言ってしまいます。

 

「あなたは選ばれていますか?」って。

 

WEBの仕事・広報の仕事をしていると、本当(マジ)で考える事はありませんか?

 

「ちゃんと見てもらっているのかな?」って。

 

「あなた」でなく「わたし」にも、当然当てはまりますが・・・

 

そのくらいユーザーに選ばれるのが難しくなってきているのは間違いありません。

 

 

星の数ほどの情報量の中で、あなたはどう選ばれるか??

先日、私のところへある方(仮にMさん)が相談にこられました。

 

Mさんは、エステサロンで営業と広報を兼任しており、

 

WEBサイトを基点に、ブログ・Facebook・ツイッターなどのSNSで、

 

集客や自店の情報を発信しております。

 

Mさん:「私はWEBで情報を発信しまくっていて悩む事があります。

 

同業者も同じような商品やサービスを取り扱っている店舗さんはいっぱいいます。

 

うちと同じようにSNSを使って集客している店舗さんもたくさんいます。

 

同業界で顧客を獲得する手段が同じだと、顧客は何を“決めて”とするのでしょうかね?」

 

Mさんが言いたい事は、情報が溢れ返る世界で、

 

自分が発信した情報がちゃんとユーザーの目に留まっているか、

 

決めるとしたら、何をもって判断するか?←確かに不安になりますよね。

 

実務をしている担当者の切実な悩みだと思います。

 

私も心配になる時があります。ブログも週に300000文字以上は確実に書いていますから。

 

恐らく、誰にも見てもらえていないつもりで書いているので、私の意志は強いですが(笑)

 

Mさんの話では、同業界のお店は「Before Afterの写真」や「悩みを抱えるお客様の事例」の

 

ような記事が大半だと言っておりました。ユーザーにとっては大切なコンテンツだと思います。

 

しかし、どこも同じような情報を発信していたら、ユーザーは退屈しますよね?

 

つまり、訪れたサイトが飽きちゃうとその場から立ち去ってしまうのです。

 

ユーザーを飽きさせない為に「漫画」を活用。

 

あなたは選ばれていますか?」。まさにタイトル通りで、

 

サイトに訪れたユーザーを飽きさせてしまうと、あなたは選ばれなくなっちゃいますよね。

 

Mさんもまったく同じ悩みでした。

 

「たいしたことない」と、言いたくなる小ネタでも、スマホでポチっと検索すれば、

 

あり得ない情報の量を、スマホがご丁寧に教えてくれます。

 

ユーザーはその中から、自分にとってピンポイントの情報を選ばないといけません。

 

ユーザーは恐らく「何を基準に選べばいいのか」迷いますよね??

 

そこでJさんでは、迷いの決め手は「おもしろそう」と、思わせた方が勝ちだと、

 

「漫画」をお勧めしているのです。漫画はかなりの確立でユーザーから選ばれますからね。

 

ちなみに、Jさんのクライアントで、漫画キャラクターをFacebookに投稿したら、

 

JSAN-STYLEサイトの訪問者数は通常の21倍でした。

 

ねっ?驚異的でしょ(笑)

 

最近は、ホリエモンもFacebookのリンクシェアで、

 

自身が漫画になったバナーを使っていますね。こんな感じで。

 

ws000984

>> 記事一覧に戻る