ウェブ漫画を広告に活用し貴社のプロモーションやウェブサイト運用をサポート致します。漫画を使ったランディングページやホームページ制作ならJsan-Styleへ!

ユーザーの目に止まった瞬間に漫画が勝利!

広報や広告を担当しているあなた。

 

ユーザーにとって有益な情報は何かと、

 

最適なブログ創りに頭噴火寸前ではありませんか?

 

せっかく考えた言葉なのに「ユーザーはちゃんと見てくれているのか・・」って、

 

努力すればするほど不安になりますよね。

 

 

 

ユーザーは恐らく見てくれていません。

 

ただ、恐らくです。(Jさんの憶測なので悪しからず・・)

 

このブログを読んでいるあなたも120%インターネットヘビーユーザーだと思います。

 

でもないと、このブログに辿りつくことはありませんよね。

 

私も週に文字数にすると30000文字ほど、ライティングの仕事をしております。

 

漫画を製作する為の脚本(シナリオ)作りはもちろん、

 

その技術を使ったメルマガやブログの代筆など、依頼があれば記事を作っております。

 

どんなにがんばって文字数を書いても、ユーザーが見てくれる保障はありません。

 

だからと言って、中身を疎かにするなんて以ての外です。

 

記事はコンテンツこそ心臓部分であって、読者のハートに「ズキュン」と、

 

矢を射る事も出来ます。コンテンツは筆者の魂そのものです。

 

 

でも、そのコンテンツも見てもらわないと話になりません。

 

そこで、JSAN-STYLEでは「ユーザーを一瞬で振り向かす施策がある」と、

 

常々、漫画を提唱しているのです。

 

私もいろいろ検証してみましたが、やっぱり漫画は効果的です。

 

漫画を活用するとクリック率は見事に向上します。

 

特に「漫画バナー」は非常に効果的です。

 

日本人の性質なのでしょうね。「活字」と「漫画」なら

 

、目に止まった瞬間に漫画が勝利します。

 

大切なのは、ユーザーに選ばれる事。

 

 

どんなに良いコンテンツの記事でも、見てもらえなければ意味がありません。(悲しい)

 

ユーザーに選べる事が何より大切なのです。

 

逆を言うと、ユーザーに選ばれる事は、最も難しい関門とも言えます。

 

だから、広報・広告の担当者に言いたい。

 

「正解か不正解かわからない言葉を考える前に、漫画を活用したらどうですか?」

 

費用なんて、あなたが頭を悩まして考えている時間に比べれば驚くほど安いはず。

 

JSAN-STYLEのお客様には、もっと効率且つ効果的な手段で、

 

「ユーザーに選んでもらいたい」と、切に願います。

>> 記事一覧に戻る