ウェブ漫画を広告に活用し貴社のプロモーションやウェブサイト運用をサポート致します。漫画を使ったランディングページやホームページ制作ならJsan-Styleへ!

【ベネフィットライティング】お客様へ提供するのは「価値」です。

そもそもマーケティングって何でしょうか?

マーケティングは一言で言うと「売ること」です。

 

「誰に、何を、どのように伝えるのか」

「売上げを上げるための仕組みづくり」を考えることです。

 

そこでマーケティングを考えながら、

ベネフィット(価値)をどのように書くのかについてまとめてみました!

今回も、前回同様に「新人OLつぶれかけの会社をまかされる」を

バイブル書として使っていきたいと思います!

 

 

マーケティングっよく言うけど…いったいどういうこと??

 

まずはマーケティングについてです。

 

著者曰く、1990年代と比べて2017年現在は、

物が売れない時代だそうです。

 

 

バブルの時の華やかさはどこへ行ったのか…

近頃の若者は物を買わないと言います。

 

こんな物が売れない時代だからこそ、

マーケティングが非常に重要になるとのこと。

 

売れないからこそ、、

「売ること」が経営の最重要課題になります。

 

そこで、物を売るときに便利なのがベネフィットライティングです。

 

ベネフィットライティングっていうのは、

お客様が商品から得ることができるメリット(価値)について

ライティング(書く)技術のことです。

 

 

ベネフィットを具体例な事例で紹介。

 

あなたはいつも商品の説明を書く際、

商品の説明を書いているのではないですか?

 

「商品の説明だから商品のことを書くに決まってるじゃない!!」

 

おっしゃる通り…なんですが…

 

例えばライティングする際、

こんな感じの説明を書いているでしょうか?

 

a:「商品Aは〇〇という特徴があります。また、防水も兼ねています」

 

b:「商品Aは持ち運びが簡単で、〇〇という性能があります」

 

a.bの文章は、あくまで商品が主体に書かれています。

 

c:「商品Aは○○の性能を持っているので、お客様にとって○○という効果があります」

 

cの文章は購入者に寄り添った書き方になっているのが分かりますか?

同じ商品であっても伝え方によって商品そのものの魅力が違って見えます。

 

 

商品のベネフィット(価値)を伝えた書き方

 

もう少し具体的に説明するために著者の例を借りてみましょう。

 

ここでは携帯電話が話題になっています。

もし、あなたが買い手であると考えた場合、

 

携帯電話をなぜ手に入れたいと思いますか?

携帯電話という商品が欲しいからでしょうか?

 

遠くにいる人と連絡が取れることに価値を感じ、

喜びを感じるからでしょうか?

 

a「この携帯電話は最新の機能を揃えており、防水効果もあります」

 

b「この携帯電話に備わっている機能を使って、多くの人たちと連絡をとり合うことができます。また遠方にいる人とも手軽に連絡を取ることができます」

 

bでは、商品の価値を具体的に表現し、ユーザーがどのようなメリットを得られるのかについて書いています。

 

aよりbの方がグッと相手の心をつかんでいるのが分かると思います。

 

自分が買い手の時は買い手の気持ちや行動が分かるのに、

いざ、売り手になった時にはその気持ちを忘れてしまいがちです。

 

だから多くの人はaのように商品の説明を書いてしまうのです。

 

 

ライティングはお客様(買い手)の視線を常に持つこと

 

ライティングする時は、買い手の立場に立ち、

買い手の価値を考えることが大切です!

 

確かにライティングすることを、

マーケティングと絡めると複雑で、

分かりにくいかもしれません。

 

しかし、自分が買い手の立場に立ってみると、

自ずと、どのようなライティングをすればいいのか

答えが見えてくるような気がしませんか?

 

次回はベネフィットライティングについてさらに掘り下げて紹介します。

 

もっとベネフィットライティングについて勉強したい!

と、いう方はぜひチェックしてみてくださいね^^

>> 記事一覧に戻る