ウェブ漫画を広告に活用し貴社のプロモーションやウェブサイト運用をサポート致します。漫画を使ったランディングページやホームページ制作ならJsan-Styleへ!

【漫画で疑似体験】成約率を上げる為の売れるシナリオ作り!

ランディングページやセールスレターに漫画を使うと、成約率の反応が変わります。抜群の効果があります。

 

なぜなら、あなたの会社の競合は恐らく、

漫画を使ったプロモーションをしていないから、

ちょっとした漫画を使うだけでも、ユーザーの気を引く事ができるのです。

 

だから漫画を使うべきなんですね。

 

 

競合と違う型でプロモーションを行えば、必ずお客様の目に止まります。まずはキッカケ作りが大切です。他社でなく、あなたの会社が選ばれないと何も始まらないのです。

 

 

漫画は集客の為の1つの手段です。

 

「漫画を使えば、他とは違うし、売上に繋がるだろう」

 

この理屈は間違っています。

 

他がやっていないから・・・
漫画だから・・・
珍しいから・・・

 

このような理由で、プロモーションを行っても、お客様に選ばれることはありません。

 

と、言いますのも、、

 

もし、あなたが「食べながら痩せるサプリメント」を探していたとしましょう。

 

そのWEBサイトで「食べながら痩せるサプリメント」を、漫画で紹介していたところで、あなたにとってそれが「買う理由」になりますでしょうか?

 

「漫画だからわかりやすかった」の理由では買わないですよね。

 

「食べながら痩せるサプリメント」が欲しくなるような「流れ」にそって、

商品が売られるので思わず欲しくなっちゃうんです。

 

その「流れ」の中で上手に漫画を使い「食べながら痩せるサプリメント」を紹介するからこそ成約率に効果が現れるのです。

 

例えると、、

 

「物欲の空のコップ」があるとします。物を売る時は、そのコップに水を注ぐようなイメージです。

 

 

 

キャッチコピー

ヘッドライン

リード

オープニング

ボディコピー

クロージング

問い合わせ

 

この「流れ」にそって水を注ぎます。すると「物欲のコップ」の水はどんどん満たされますよね。

 

オープニングなのか?ボディコピーなのか??クロージングなのか??「物欲のコップ」に水が満たされ溢れた時に人は「欲しい」となります。

 

これが成約するまでの「流れ」です。つまり、商品を売る為のシナリオを作る必要があるのです。

 

商品を売る為のシナリオがあれば漫画は効果的!

 

漫画は単体で使っても効果は薄いです。しかし、

商品を売る為のシナリオに合わせて漫画を使えば抜群の効果があります。

 

先ほどの例で説明すると、、

 

キャッチコピー

ヘッドライン

リード

オープニング

ボディコピー(漫画

クロージング

問い合わせ

 

このシナリオのボディコピーの箇所に漫画を使うとします。

 

ボディコピーは商品の使い方・特徴・ベネフィットを伝えますよね。

 

もし、あなたの扱う商品が言葉で説明が難しかったり、使ってみないとわからなかったりすると、お客様に十分な価値を伝えることができません。

 

そこで漫画の出番です。

 

伝えるのが難しい商品であれば、漫画で読ませちゃえばいいのです。

漫画の能力の一つで「疑似体験」の効果があります。

 

あなたも昔は一度くらい、恋愛漫画を見て、疑似体験をしたことがあるのではないでしょうか。

その効果をお客様にも体験してもらうのです。

 

言葉は必要ありません。漫画を読んでもらって疑似体験してもらえば、

商品の価値を伝えることができます。

 

もし、お客様が漫画の主人公に憑依すれば、それはかなり成約に繋がる可能性が高いです。

 

それだけ漫画の疑似体験は効果的なのです。

 

あなたの商品でお客様を疑似体験させませんか?

 

「漫画で疑似体験」はキーワードです。

 

先日に、お見合いの某WEBサイトで「お見合いに行く人のネガティブ感情やポジティブ感情」を漫画が紹介されていました。やっぱり漫画だと人の気持ちもわかりやすかったです。ついつい疑似体験してしまいました。

 

あなたの商品でお客様を疑似体験させませんか?

 

お客様もきっと、商品を比較して迷っている時は、ご自身のAfterを明確にイメージできる方を選ぶこと間違いありません。

>> 記事一覧に戻る