ウェブ漫画を広告に活用し貴社のプロモーションやウェブサイト運用をサポート致します。漫画を使ったランディングページやホームページ制作ならJsan-Styleへ!

本当は短期滞在でもいい? ロヴァニエミにあるサンタクロースビレッジの真実

次の日、せっかくなのでサンタクロースビレッジの中を散策してみました。

 

季節は9月中旬、フィンランドに寒い冬がやってくる束の間の、紅葉がなんとも美しい秋景色が広がっていました。

 

 

 

(ホテルの部屋を出ると森林が広がっていた)
ここではサイクリングや散歩も楽しめるようです。

 

サンタクロースヴィレッジはロヴァニエミにある観光地の一つです。ヘルシンキから北に飛行機で約1時間、ロヴァニエミ空港からも近く、人気の観光地になっています。

 

ロヴァニエミにまで来たからにはサンタクロースに会わなければ! ということでサンタの住む家を訪れます。

 

朝食を食べたレストラン会場の入り口に田舎っぽい土産物屋があり…

 

え…?

 

その隣にあるのが目的のサンタクロースに会える場所です。

 

ここに?

 

 

 

(サンタクロースに出会えるスポットはサンタクロースビレッジの売り)
入り口の時点でかなりしょぼいのでは…そんな不安に襲われます。

 

会場内にはクリスマスやサンタクロースにまつわる逸話や歴史に関する展示があり、道なりに進んでいくと…

 

(世界に一人だけのサンタクロース)

 

 

サンタクロースがいる!!!

 

束の間の感動に浸る私と友人。

 

喜びながらサンタクロースに近づいて行くと、一緒に写真を撮ってもらうためには、日本円で2,000円ぐらい必要であることが判明。

 

とにかくお金を支払わないと一緒に撮ることはできません。もちろんケータイでの撮影もNGです。このサンタをどのように撮影したのかは…秘密…

 

ところでサンタクロースは日本語もちょっと喋ります。

 

なんというか、期待しすぎた私が悪いのですが、本当に小さな個室にサンタがドンっと座って、少し話をして写真を撮るだけです。

 

小慣れた日本語で「こんにちは」

 

とか「メリークリスマス」とか言ってたかも…笑、

 

妙に日本語を知っているので気味が悪いです。観光用だと思われても仕方ありません。日本から10時間かけてはるばる来た私としてはなんともいえないガッカリ感。

 

そういうわけで、私と友人は他のスポットでロヴァニエミを満喫することに気持ちを切り替えました!

 

(郵便局)

 

 

こちらは、サンタクロースビレッジ内にある郵便局。

 

ここから自分や友人宛にクリスマスの日程に合わせてポストカードを送ることができます。

 

 

(テーブルがいくつもあるので落ち着いて手紙を書くことができます)

 

 

商売に手をかけたインチキサンタクロースのことはさっさと忘れて、ポストカードを購入。自分と友人たちに手紙を書きました。

 

ポストは、すぐ配達用とクリスマスの日に配達用の2つがあるので、クリスマス配達用ポストに投函。

 

(クリスマス用のポストに投函)

 

 

12月25日が楽しみだー!

 

 

他にも、サンタクロースヴィレッジ内にはダサいお土産もありますが、それ以外にもセンスのいい土産物屋も揃っています。

 

 

フィンランドやスウェーデン北部のラップランド地方に古くから伝わる、木製のマグカップ、ククサのお土産なんかが手に入ります。

 

(ラップランド地方に伝わるククサ)

 

 

白樺のコブをくりぬいて手作りされたもので、ククサをプレゼントされた人は幸せになるとかなんとか。

 

 

(名前入れの実演)

 

 

この店では、購入したククサにとっても素敵な自体で名前を入れてくれました。

 

1つ40ユーロなので、日本円では5000円くらいと少し高めですが、手作りなので納得の金額。たぶん…。

 

さらに、サンタクロースビレッジ内にはフィンランドブランドであるマリメッコとイッタラの店もあります。

 

ホテル宿泊の際にマリメッコの10%割引券をもらうことができました。この後、フィンランド国内にて多くのマリメッコ店を見ることになりますが、10%割引があったのはここだけ。

 

ヘルシンキでマリメッコ本店に行くからまだ何も買わな〜い!なんて思っていたら、実はここで10%割引を利用して購入する方がお得なものもたくさんありました><

 

(割引券)

 

 

さらにロヴァニエミ店ではセールになっている商品も多くあるので、お土産を購入するにはいいかもしれません。

 

 

免税ももちろんオッケー。空港と表記料金が同じだったので、空港で買うよりお得だったのかもしれません。…こうゆうことは行く前に知りたかった!

 

 

そんなわけでサンタクロースビレッジ内の観光は半日もあれば十分です。

 

わざわざ行く意味はあるんだろうか、笑。

 

しかし、サンタクロースには人生で1度は会ってみたいと思うものである。

>> 記事一覧に戻る