ウェブ漫画を広告に活用し貴社のプロモーションやウェブサイト運用をサポート致します。漫画を使ったランディングページやホームページ制作ならJsan-Styleへ!

15分で2000文字のブログを書く!「設計図Step6」をご紹介

お久しぶりのブログになります。最近は当社のエミコさんが、がんばってブログを作ってくれています。それなのに…「Jさんは作らないんだ!」と、ちょいとお叱りを受けました(笑)

 

「だから」と言う訳ではありませんが、今回は「久しぶりにブログを書いてみようかな」と、ただ今パソコンの前に向かっています。場所はオシャンティにFromスタバ。

 

ブログは仕事です。決して楽な仕事ではありません。

 

ブログを作るのはたいへんです。ただ文字を書けばいいと言う訳ではありません。私やあなたのブログを読んでくれる読者の為に、読者が求めている情報を丁寧に伝える必要があります。

 

言葉の使い方・言葉の意味・言い回しなど、読者が読みやすい文章になっているか、読者が退屈しない文書になっているか、創造力を最大限に働かせ、ライティングをしなければいけません。

 

ちなみに、私やあなたが書いているブログが面白いか役に立つかの判断は、WEB上に公開する前に、必ず第3者に確認してもらうことをお勧めします。

 

なぜなら、自分が書いたブログは「面白い・完成度が高い」と思ってしまうからです。

 

 

 

 

話が脱線しました。。

 

それでは今回のテーマにある「15分で2000文字のブログを書く!ブログ設計図Step6」をご紹介させていただきます。その前に質問です。

 

ブログ1本の作成時間は15分以内に作ることができますか?

 

ブログを作る時、文字数をどのくらいにしようとお考えですか?

 

読者に伝わるようにシナリオはできていますか?

 

ブログで何を伝えようか明確になっていますか?

 

内容がまったく0の状態からブログを作ろうとしていませんか?

 

この中で3つ以上該当している方は、引き続きこのブログを読んでください。

 

2000文字のブログを15分で完成させる設定図

 

なんども言いますがブログを作るのはたいへんです。「報告」をする程度なら簡単ですが、本気でブログをしていこうと思っているあなたからすると、ただの「報告」なら退屈だと思っちゃいますよね。

 

少なくともブログで何かを前向きに伝えていこうと思ってるあなたなら、コンテンツの質を高めていかないといけません。

 

だた、質を求め過ぎると、頭の中がいっぱいになって、何を書いていいのかわからない、何を伝えたかったか忘れてしまう、そんな状況に陥ってしまいます。

 

「第2の創造」の前に「第1の創造」がある。

 

「7つの習慣」で解説されている有名な話です。すべての物事は、形になる前に必ず頭の中で創造されます。

 

例えば、家を建てる前に、家を立てる為の設計図がありますよね。モノを作る為には、モノを作る為の図面がありますよね。7つの習慣ではこのことを「すべてのものは2度作られる」と言っています。

 

つまり、形(モノ)にする前に、形(モノ)にする為の設計図が必要なのです。

 

 

 

 

この話をブログに置き換えて説明すると「ブログを作ろう」と、いきなりブログを作り出してはいけません。ブログを作る前にブログを作る為の設計図を準備しなければいけないです。

 

ブログの設計図??

 

はい。ブログの設計図です。何もないところから文字を書き出そうとすると、それは困難な話です。図面も無いのにプラモデルを作るようなものです。

 

ブログもブログを作る為の設計図が必要なのです。設計図があれば、それに添って書いていくだけでいいのだからそれは簡単です。

 

設計図通りにただ文字を書いていくだけ、たった15分で軽く2000文字の記事を作れることができます。しかも、質の高いコンテンツのブログをです。では、そのブログ設計図について説明致します。

 

何の為のブログ?ブログを6つに分けて考える

 

そもそもブログは何の為のブログでしょうか??

 

答えは読者(お客様)の為にお役立ち(問題解決)の情報を伝える為だと思います。その結果、SEO対策になったり、ファンが出来たり、問い合わせに繋がったりしますよね。

 

読者は何か問題や悩みや関心事があり、あなたのブログにやってきて、「問題を解決してくれるかも?」と、言うところに価値を感じてくれます。だからと言って「絶対に問題を解決しないといけない」訳ではないのでご安心ください。

 

つまり、この「問題や悩みを解決する」為に、ブログを項目事に分けてあげると、非常にわかりやすく、理論立てた内容になってきます。

 

ブログ設計図6つのStep

 

Step 1:テーマを決める

 

 

わたしのこのブログのテーマは「15分で2000文字のブログを書く!ブログ設計図Step6」です。ブログはこの「テーマ」を伝えることがすべてなのです。テーマを伝える為に、創造力を働かせライティングを工夫してください。

 

 

Step 2:なぜ?「テーマ」を知る(する)必要があるかを伝える

 

 

わざわざ「テーマ」を知る必要も無いのに、なぜ伝えようとするのか?それは「テーマ」を知ることで、読者の問題を解決する意味があるからですよね。なので、Step 2では読者に「なぜ?」と思わせないように、「なぜ?」を追求して話を具体的に説明してください。

 

 

Step 3:「テーマ」を知らないと、どのような問題や苦労があるのか?

 

 

ステップ3では、読者のネガティブな感情に共感します。読者がブログにやってくることは、何かしらネガティブな感情があるからです。損とか失敗とか無駄とかですかね。

 

なので、まずは「わたしもあなたと一緒なのです」と、ネガティブな感情に共感してあげると、読者は安心するようになります。

 

 

Step 4:「テーマ」の問題解決方法を伝える。

 

 

Step 4では、ネガティブ感情の問題を解決する問題解決方法を詳しく説明してあげます。

 

例え話やストーリーや、このブログみたいにステップバイステップを使って、読者が抱える、問題解決の方法を伝えてください。

 

 

Step 5:「テーマ」を知る(する)意味や結果を伝えます。

 

 

ここでは俗に言うベネフィット(相手の価値)を伝えていきます。

 

ネガティブ感情を持った読者は、問題解決方法を知ることで、ポジティブ感情に変化します。そのポジティブ感情とはいったい何か?IPODで言う「5000曲の音源がポケットに入る」や、スピードラーニングで言う「聞いているだけで英語を覚える」とか、これらは非常にわかりやすいベネフィットです。

 

 

Step 6:クロージング。読者に次の行動を促す。

 

 

読者ばかりに目を向けず、わたしやあなたも目的を持ってブログを作っています。なので、最後のステップでは読者に次の行動に進んでもらわないといけません。

 

例えば、「この続きは次回のブログで」・「まずは一回試してください」・「○○日までなら無料でご相談お受けします」など、必ず読者にリピートしてもらうように次の行動を促してください。

 

 

今回ブログの設計図Step 6はこちらです。

 

なぜ?「15分で2000文字のブログを書く!ブログ設計図Step6」をしないといけないのか?

 

その「15分で2000文字のブログを書く!ブログ設計図Step6」はどんなものなのか?

 

「15分で2000文字のブログを書く!ブログ設計図Step6」を知らないと、どのような問題や苦労があるのか?

 

「15分で2000文字のブログを書く!ブログ設計図Step6」で解決する方法は、どんな方法があるのか?

 

「15分で2000文字のブログを書く!ブログ設計図Step6」を知ることで、どんな結果(開放・快楽)があるのか?

 

 

ブログ設計図Step6の準備をしてください。

 

 

ブログ設計図Step6の準備ができたら、後は設計図に添ってブログを書くだけです。

 

設計図が道しるべなり、話もそれほど脱線せずに済みます。思いのほか、伝える内容が多くなり、文字数も大幅に膨れ上がります。それだけ情報量が豊富になるので、読者にも有益なコンテンツを伝えられる訳です。

 

今回のブログは約3300文字程度ですね、作成時間は約30分くらいです。まったく素人の方には難しいかも知れませんが、キーボードを打てる方なら、15分で2000文字くらいなら簡単に作成することができます。ぜひ一度トライしてみてください!!

 

「ブログ設計図Step6」を試されたい方は、JSAN-STYLEまでご相談ください。

 

初回の相談とリライトは無料なのでご遠慮なく。また、あなたのライティングに「ブログ設計図Step6」を取り入れることで、劇的にライティングのスキルが磨かれることをお約束します。

>> 記事一覧に戻る