ウェブ漫画を広告に活用し貴社のプロモーションやウェブサイト運用をサポート致します。漫画を使ったランディングページやホームページ制作ならJsan-Styleへ!

【3分後に使える】ちょ~簡単なセールスライティングの視点を紹介!

久しぶりのブログ更新です!
「ブログをやるぞ!」と、決めても、
なかなか手につかないですね~

みんな一緒一緒(笑)

 

皆も一緒だから怖くない!
ちょっと“サボリ”ぎみなJさんです。。

 

 

「セールスライティング」とは??

 

「ライティング」と一言で言っても、
「ライティング」には色々のジャンルがあります。

 

例えば私の本職である「シナリオライティング」。これもライター(書く仕事)のジャンルの1つです。

 

では、セールスライティングとは??

 

セールスライティングとは、反応を得るための「レスポンスコピー」です。

「セールスコピー」と呼ばれますが、

広告でモノを売るための文章のことで、

行動を起こさせるためのコピーです。

https://swingroot.com/image-copy-sales-copyより

つまり、を言い換えるとセールスライティングとは、「売る」為のライティングのスキルなんですね。

 

コピーを作る訳ではありません。何か「売る」為に書くんです。
物語を創る訳でもありません。「売る」為の文字を創るんです。

 

チラシ・WEBサイトの企画や原稿を担当している方へ

 

あなたは商品やサービスを売る為に必死になって、その商品やサービスの「特徴」を売っていませんか?伝えていませんか?見て欲しいと思っていませんか?

 

例えば、

  • ホームページのお困り事はなんでもお任せください!
  • 最先端の医療機を導入しました!
  • 提案力なら当社が一番!
  • どこよりも安い○○にお任せ!
  • などなど、、

 

上げるとキリがないので、ここまでで・・。

 

お分かりいただけましたか?

 

これらは全て商品やサービスの「特徴」しか伝えていないんです。
「なんでもお任せください」も「最先端の」も「提案力」も「安い○○」も、
ぜーーんぶ特徴なんです。

 

セールスライティングはひたすら「何故?」を繰り返す

 

セールスライティングの、つまり「売る」為のライティングスキルは、特徴に対してひたすら「何故?」を問いかけ、その商品やサービスの価値や意味や買う理由を引き出すために、とにかく「何故」を繰り返します。

 

例えば、

 

「ホームページのお困り事はなんでもお任せください」

 

この特徴に「なぜ?」を繰り返します。

 

特徴:ホームページのお困り事はなんでもお任せください
何故?:ホームページのお困り事って具体的に何ですか?

 

特徴:過去1000件以上のホームページのお困り事を解決しました。
何故?: 過去1000件以上のお困り事をどのように解決したのですか?

 

特徴:更新・運用・集客・成約までを一貫して
   サポートするノウハウで解決しました。
何故?:それだけサポートするノウハウがあるのですか?

 

特徴:当社は元々、ホームページ製作会社ではなく、
   WEBマーケティングの会社でありました。
何故?:WEBマーケティングの会社がなんでも問題を解決できるのですか?

 

ここで元の質問に戻りました。

この会社の「特徴」をまとめますと。。

 

過去の1000以上の問題を解決したWEBマーケティングスキルで、集客から成約まで、ホームページの問題を一貫してサポートする。

 

こんな感じの仕上がりではないでしょうか?

 

で、この「特徴」を受ける事で、どんな価値や意味や買う理由があるのかを更に出します。

 

セールスライティングの思考で考えると 

 

  • 問い合わせが0件だったホームページが「たった3ヶ月」で5倍に!
  • 長時間働く社員の労働時間の短縮を約束します。
  • WEB担当者2人分の仕事を、当社では1名のスタッフで一任します。
  • 来月の会議が楽しみになるほどの売り上げアップを約束します。
  • 殺到する問い合わせに困らせてみせます!
  • まだまだありますが、ざっとこんなこんな感じですかね。

 

(殺到する問い合わせに困らせてみせます!)このベネフィットはいいですね(笑)

 

おわかりいただけますか?

 

その商品やサービスの「特徴」から、「価値」や「意味」や「買う理由」を引き出しました。

 

これがセールスライティングです。

 

セールスライティングとは、
「価値」や「意味」や「買う理由」を、
お客様の感情に訴えかける為に必要な、
ライティングスキルなのです。

 

このセールスライティグ技法を、3分後に使ってみてください。

 

先ほどもお伝えした通り、その商品やサービスが持つ「特徴」に対して、「なぜ?」や「だから?」や「それで?」を繰り返し聞いてください。

 

すると、「価値」や「意味」や「買う理由」が出てくるようになります。

 

なぜ、セールスに、「価値」や「意味」や「買う理由」が大切かと言うと、お客様はあなたの商品やサービスの、「価値」と「意味」にしか興味がないからなのです。

 

なぜ?を、繰り返してみてくださいね。

>> 記事一覧に戻る