ウェブ漫画を広告に活用し貴社のプロモーションやウェブサイト運用をサポート致します。漫画を使ったランディングページやホームページ制作ならJsan-Styleへ!

【性を漫画で疑似体験】疑似体験で欲しくなる商品創りを考える

疑似体験っていったい何ですか?

 

簡単に説明すると「本物に近い感覚を体験する」ことを意味します。

 

この「本物に近い感覚」って非常に重要だなって思うのです。

 

漫画は物語を通して、登場人物が自社の商品やサービスを取り扱う世界を創り出します。

 

ユーザーはその漫画の主人公に憑依することで、

 

1度も使った事がない商品やサービスを、

 

まるで自身が体験しているかのような感覚に陥ります。それが擬似体験です。

 

 

 

性を疑似体験

 

 

「性を擬似体験」。興味深いタイトルですね。

 

はっきり言える事は一つ。

 

誰もが1度は経験した事のある擬似体験ではないでしょうか。

 

私は少女漫画を読んだ事はありませんが、

 

恋愛ものの物語は少女の心を揺さぶる、まさに擬似体験の象徴だと聞いた事があります。

 

心の中では「わかる~」って、少女達は心がトキメクんですって。

 

中学生にもなると彼氏やら彼女やら恋愛話が盛んな年頃です。

 

彼氏彼女は欲しい!けど、どうやって告白すればいいの?

 

どうやってデートに誘えばいいの?

 

当時はそのやり方を必死に探した思い出は、誰にでもあると思います。

 

恋愛の必勝法があれば、親のお金を盗んでも買っていたかも知れません(笑)

 

 

 

心で感じてから始まる擬似体験

 

 

年頃の子はドラマや映画や漫画に刺激を受け学習します。
「あんな恋愛がしたい」・「どうやって手を繋ごう」・「今日はキスしよう」みたいな、

 

甘~い青春はいつでも心の灯火にありますよね。

 

大人になるとホロ苦~い悲しみかも知れませんが(笑)

 

 

shelby-deeter-193590

 

 

人間は頭で記憶するのではなく心で感じる生き物だと思うのです。

 

頭で覚えた記憶は時間が経てば忘れてしまいますが、

 

で感じた想い出はいつまでも心の中に焼き付いています。

 

擬似体験の世界で物事を成せば、

 

なんだか現実でも出来そうな気になりますよね。

 

そうとなれば「明日にでも○○ちゃんに告白しよう」と、

 

擬似体験で学んだ事を「実践したい!」って自信にも繋がりますよね。

 

これら「○○しよう」や「○○出来るかも」と、

 

ユーザーに思わせる事が重要なんです。

 

その為にも「頭で覚えてもらう」伝え方でなく「心で感じてもらう」、

 

そんな伝え方が理想じゃないかと私は考えます。

 

 

 

漫画を使って擬似体験

 

 

そう言った意味では漫画って簡単に擬似体験をさせてくれます。

 

説明も不要です。絵で魅せちゃえば伝わるのですから。

 

でも結果にコミットしすぎて、なかなか「漫画を使おう」と、

 

一歩を踏み出せない企業もまだまだ多いのも現実です。

 

正直なところ、結果を求め過ぎると新しい事にチャレンジは出来ません。

 

だって結果なんてやってみないとわからないのですから。

 

あなたの商品やサービスを擬似体験させてみてはいかがですか??

 

漫画ってなかなか面白いコンテンツになりますよ!

>> 記事一覧に戻る